就任祝いのタイミング

就任祝いは、「できるだけ早く」贈ることが重要です。新役員に就任して1ヵ月後に就任祝いを貰って喜ぶ人はいません。かえって先方様を不快にさせてしまうだけです。

 

大抵の場合、新役員に就任された方は取引先の関係者などに就任のお知らせを送付します。先方様のご就任が判明した段階で、速やかに就任祝いの手配に移りましょう。遅くても2、3日以内にはお届けしたいものです。

 

ただし、ここで気をつけなければいけないのは、独断で行動してはならないということです。就任祝いは、結婚祝いや還暦祝いなどのような1対1での贈り物ではなく、会社ぐるみでお祝いするものです。必ず同僚・上司と連絡をとり、先方様にとって最もふさわしい就任祝いを検討して贈るようにしましょう。

 

また、取締役社長などの就任ともなると、本人自ら盛大な就任パーティーを催すこともあります。その場合は事前に招待通知が来るでしょうから、就任パーティーの開催される日付に合わせて就任祝いをお届けするようにしましょう。

 

 

就任祝い | 胡蝶蘭配送ナビ
http://kochoran-haisou.net/use/use02/

 

胡蝶蘭ガイド
http://www.38gourmet.com/

 

ビジネスマナー
http://happylifestyle.com/4481