就任祝いの相場

一般的に、取締役や執行役員就任の就任祝いは2〜3万円、社長就任の就任祝いは5万円前後が相場と言われています。

 

これを白大輪の胡蝶蘭に換算すると、前者が3本立て、後者が5本立てになります。ですが、社長就任時の就任祝いに3本立ての白大輪の胡蝶蘭を贈ったからといって必ずしも失礼になるとは限りません。7本立て以上の豪勢な就任祝いを贈っても構いません。この金額はあくまで目安です。

 

また、就任祝いに現金を贈る場合も前述の相場を目安にするといいでしょう。なお、現金を封入する御祝儀袋にも様々なマナーがありますので、選択時には細心の注意を払ってください。

 

たとえば、取締役や執行役員の就任時の就任祝いには桐の御祝儀袋を使います。桐は成長が早いので、「今後のめざましい発展をお祈りします」という気持ちを表現するのに向いています。同様に、社長の就任時の就任祝いには「しっかりと根を張る」という意味をこめて、松の御祝儀袋を使用します。叶結びの水引を用いて「願いが叶っておめでとうございます」という気持ちを表現するのもいいでしょう。