就任祝いの贈り方

就任祝いは大概「ビジネス」が絡む贈り物です。最も気をつけなければならないのは、絶対に先方様に不快な思いをさせてはいけないということです。友人・知人の催す冠婚葬祭と違って、へまをやらかすと会社に損害をもたらす可能性があるので、細心の注意を払う必要があります。お祝いの気持ちを適切なマナーに則って素直に表現するようにしましょう。

 

一般的には、就任祝い時の贈り物として「白大輪の胡蝶蘭」を贈るのが定番です。見た目にも清楚で高級感のある花であり、いかなる役職の方にも喜んでいただける汎用性があります。

 

また、花と一緒に「立て札」と「メッセージカード」を添えることも大切です。

 

立て札には先方様のお名前を記載して、「祝 ○○御就任」という具合に新しい役職名を含ませます。さらに、自分の会社名と役職、氏名も書き添えます。これが無ければ誰からの贈り物なのかわかりません。

 

メッセージカードには、就任をお祝いする気持ちを表現した文章を記載します。言葉遣いに気をつけて、誤字脱字が無いように気をつけましょう。先方様の新しい役職名を間違えるのはもってのほかです。

 

<就任祝いのおすすめサイト>
就任祝いの贈り方
http://www.syunin-iwai.net/

 

就任祝い.net|就任祝いの贈り方案内
http://xn--n8j873g47isn2a.net/

 

Yahoo知恵袋
http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E7%A4%BE%E9%95%B7%E5%B0%B1%E4%BB%BB%E7%A5%9D%E3%81%84

 

就任祝いの相場としては、その贈る相手のクラスによって変わってきます。社長クラスでは、5万円から贈る場わいが多いです。取り締まりクラスでは3万円ほどが相場となっています。役員では、2万円から3万円が多いです。

 

 

 

勤務先の同僚へは、1万円ほどが相場となります。上司ですと平均して2万円前後が多くなります。友人や親戚の場わいには、5000円から1万円が多く、兄弟などの身内の場わいには、平均して2万円が多いです。

 

 

 

就任祝いを贈る時には、会社からの指示がある事がありますので、それまで渡すのを待った方が良いです。会社の同僚とよく相談をして、どのくらい渡したら良いかを聞く事も肝心です。

 

 

 

会社の取引先の人が就任した時には、出来れば新品のお札をのし袋へ入れると好印象となります。遠い所では、現金書留で送る事も可能です。

 

 

 

相場は、平均しての値段ですので、気持ちあと1万円を添えて贈る人もいます。いずれも、多すぎず少なすぎないほどが理想です。

更新履歴